6月16日から18日まで、東京で開催されました第66回日本アレルギー学会学術大会に参加しました。

いくつか熱いトピックスがあり、講演会場は立ち見多数でした。

・アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法の最新知見

・重症喘息に対する抗IL-5抗体治療の効果

・数日前にニュースにもなりました、アトピー合併児に対する早期(6ヶ月から)の少量卵摂取の研究成果

など、最新の研究成果が大変勉強になりました。

これからも知識を更新して日々の診療をグレードアップしていきたいと思います。

Posted in BLOG
Share this post, let the world know

Comments are closed