アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療

当院ではアレルギー性鼻炎に対する炭酸ガスレーザー治療を行っております。

・薬の効果が十分でない
・薬をなるべく服用したくない、減量したい
このような希望のある患者様は医師にご相談ください。

・対象年齢:制限はありません。しかし苦痛・不安を伴う治療になりますので中学生以下の方はお勧めしておりません。

・事前の診察・説明・予約が必要です。 通常 火曜日、水曜日、金曜日の12時前後(午前中の診察終了後)に行います。ただし休日・休診翌日の日は除きます。

・花粉症に対して行う場合、シーズン開始の1ヶ月前頃までに行う必要があります。(スギ花粉症であれば12月中旬まで)

・希望する時期の1〜2ヶ月前に一度受診してください。(※スギ・ヒノキ花粉症であれば9〜10月には受診してください。)

・1~3月は繁忙期のため通年性アレルギー、花粉症の両方についてレーザー治療を行っておりません。
・日帰りで行い、来院後の所要時間は1時間程度です。(午前中の患者様の人数によってはしばらくお待ちいただくことがあります。)
・局所麻酔を行いますので痛みは通常ほとんどありません。(麻酔の際は綿棒やガーゼを詰めますので若干の痛みが生じます)

・鼻中隔湾曲症など鼻腔形態異常がある場合、他院で行う別の手術をお勧めすることがあります。

手術方法

①15〜20分の間、粘膜に麻酔薬を塗布し局所麻酔を行います。
②レーザーで鼻腔内部の「下鼻甲介」を焼灼します。(痛みがある場合は局所麻酔の注射を追加します)
③術後は必要に応じて止血処置を行い、薬剤を処方し帰宅いただきます。
④手術料は3割負担の方で8730円です。(診察料、薬材料などが加わり総額は1万円前後になります。)

期待される効果

①手術を受けた方の8割前後に鼻症状の改善が表れると言われています。
②効果の持続は数ヶ月~3年程度です。
③効果が不十分な方、持続が短かい方には手術を繰り返すことができます。

起こりうる合併症

一時的に鼻症状が悪化します。(2週間前後)
その他出血、痛み、感染など (困る例はほとんどありません)